大和南高生のための専用サイト

倫理

倫理勉強法

選択科目に入るので、高校生全員が勉強しない教科というものは、高校生活にはありま す。その選択科目の一つにあるのが「倫理」です。

文系の大学進学を考えている高校生で あれば、教科選択として検討する可能性も高いです。倫理とはどのようなことを学習する 教科であるのか、また点数に結びつけやすい勉強方法について見につけておくと良いで しょう。

高校生の科目「倫理」とは何を勉強するのか?

高校生だと実感しにくいけど、私たちの周りには文化的なもので縛られていることが少な くありません。

その中でも代表的なものが宗教です。宗教とは昔の指導者だった人の教え や思想が大きな制度やシステムとして時代や政治に影響した大きな力と言えます。

小学校 の勉強で、「道徳」というものもありましたが、高校生の「倫理」では宗教や思想の歴史 的な流れを学んでいきます。

中学校の公民で学んだことも含んでいるので勉強はコツがつ かめると大きな武器になるでしょう。

倫理の勉強法①教科書をすらすら読めるまで音読する

倫理の勉強は教科書をメインにして進めていくと良いでしょう。教科書を理解するには、 ノートまとめを始めるよりも、声に出して読む反復練習がオススメです。

読むことは勉強 で効率を上げやすい、シンプルでオススメの勉強法ですが、ただ読むだけという意識では 効果が弱くなります。

それぞれの地域・時代ごとの要点ごとに区切る方法が無難です。地 域や時代によって異なってくる思想や概念の大きな流れを意識しながら読んでみることが 必須と言えます。

地域や時代によって、どんな思想・概念がどのように生まれ、どのよう な指導者がいたかを覚えましょう。

また指導者から受け継がれて、その思想はどのように 発展していったか、大まかに把握するだけでも、授業のわかりやすさがかなり違ってきます。

倫理の予習・復習どちらにしても読む勉強方法は理想的です。

倫理の勉強法②思想家・指導者の言葉を覚えよう

倫理は暗記科目の一つなので、太字で記載されている用語と意味は確実に覚えていくこと が大事です。

また、その次に覚えていくことが求められるのは、「名言」です。

歴史でも 板垣退助の「板垣死すとも自由は死せず」というフレーズのように、時の思想家・指導者 は有名な言葉を残していることが多いです。

テストや模試で人物名を記載するときに、名 言が判断の決め手となることも考えられます。

説明や出来事が似通っていて区別がしにく い思想や宗教というものは複数存在しています。倫理の勉強で迷ったときには、「名言」 で区分をしてみましょう。

倫理の勉強法③対比して違いを覚えることが不可欠

世界史と同じく、倫理も歴史上の人物名や用語が紛らわしいと困惑する高校生が多いです。

ルソーやルター、性善説や性悪説といったものが代表ですが、出題者は類似している ものの相違を問う形式の出題をすることが多いです。

その出題スタイルは定期テストに限らず、模擬試験や大学の入試にでも当てはまります。

倫理を勉強していくときには、常に対比をして類似していることと違っていることを考えながら勉強を進めていくことがポイントです。

ここが出来るようになると、記述・論述問題といった配点が高い問題がクリア できるので、得点力がアップします。倫理の勉強で差を生むポイントであるのは間違いありません。

違いが出る倫理勉強のコツは「時代とからめて」

漫画「のだめカンタービレ」では、アナリーゼのやりとりが多く目立っていました。倫理 にも穴リーゼは必要になります。

アナリーゼとは、「時代背景をからめたうんちく」のよ うなものと考えても良いでしょう。

その時代はどのような時代だったか、音楽家がどのよ うな環境にいたかを現代の音楽家はアナリーゼをして演奏に役立てます。

倫理を勉強する にも、その教えや宗教が生まれた時代はどのような環境が目立っていたのか、時代背景と 絡めると新しい教えや宗教が生まれた理由はイメージがつきやすくなります。アナリーゼ を活用してみましょう。