大和南高生のための専用サイト

日本史

日本史の勉強法

日本史は、日本という国がどのように生まれて現在に至っているかを学んでいく教科です。

高校生の勉強では、世界史と日本史いずれかを受験教科に決めないといけない場合が殆どです。正しい勉強方法を早いうちに身につけておくことをオススメします。

高校生の日本史は、同じようなことを勉強していた中学の社会とはレベルが格段に違っています。早いうちに意識改革をしたほうが良いでしょう。

日本史を勉強するポイント①用語をしっかり覚える

日本史の勉強は、中学生の時に社会を勉強しているので、ある程度のレベルまでは中学生の時に行っていた勉強方法でも問題ありません。

しかし、中学時代から社会が苦手だったという子は太字とも呼ばれる用語を正しく覚えていくことをオススメします。

世界史と比べると、日本史は深く・狭くという認識の教科になります。かなりの用語を漢字で覚えないといけないので、誤字・脱字には注意が必要です。

覚えることが多いので、一問一答形式の問題集を用意して、学習している単元にある用語を先にイメージして意味や説明を抑えていくスタイルが効率的です。

日本史を勉強するポイント②資料や図を活用する

多くの高校生がもったいないと思えるポイントの一つに、資料集を上手に使えていないことがあります。

太字を覚えることだけに専念しがちな日本史の勉強は、図で覚えることも重要なポイントになります。

中学時代の社会を思い出してほしい、意外と暗記教科と呼ばれる教科であってもテストや試験は図で連想しなくてはいけません。

学習した範囲にある図や資料を、日本史の資料集でしっかり身につけることが周りと差をつけるコツになります。

ノートに図を描くと手間や時間がかかるので、コピーを活用して貼り付けることが無難です。

日本史を勉強するポイント③記述・論述問題を意識する

日本史や世界史のテストや模擬試験では、説明を促される問題が多いです。

用語をこたえるだけならできるけど、記述・論述問題が苦手という高校生は本当に目立ちます。

論述・記述問題に強くなるコツは暗記学習だけでは不十分です。「なぜ、〇〇が起きたのか?」という設問が多い記述や論述に強くなるには、学んだ用語の関連性というものが必要です。

例えば、戦争であれば〇〇戦争が起きた

→理由(作物を育てる土地がほしい)
→理由②(□□藩では経済状況が悪い)→理由③(□□藩は、幕府から指導による宗教的な理由で●●藩と交流をやめた)

→理由④宗教的な理由とは?と、いろんな条件が絡んだ上で戦争に至っていることがわかります。

ここまで流れとして理解することが出来るようになれば、配点が高い問題でも困らなくなります。

日本史で効率的な勉強方法!2つのノート作成

日本史を開いていると、非常に多くの情報が書かれています。

そのため覚えることに不安や抵抗を感じて勉強に身が入らないという高校生がいることも現実です。

実は、日本史のテーマというのは二つに分けて考えることが出来るのでノートを2冊にわけて勉強することが役立ちます。

政治史と文化史に分けると効率アップ

日本史という教科は、政治と文化という視点でまとめられています。

普通に高校生が、時代ごとに学習したことをノートまとめすると、情報が膨らみすぎて挫折するというケースが多いです。

そのため各時代を政治用ノート、文化用ノートとわけてまとめると勉強しやすく、考えを切り替えることにも役立ちます。

それでも日本史が難しいと思ったら「紀伝体」ここまで日本史の勉強方法について紹介しましたが、それでも日本史が分からないという場合があります。

その場合には、あの林修先生がオススメしたことがある勉強方法「紀伝体」を活用しましょう。

普通の年号ごとに要点を覚えていく学習方法を「編年体」といいます。しかし時間軸で覚えていくことがあれば、各時代にいた有名人や出来事だけを詳細にまとめていく形だと覚えやすいかもしれません。

図書館にある歴史漫画のように特定のものだけを中心にしてまとめていくスタイルです。そのスタイルを「紀伝体」と言います。よかったら試してみてください。